Top >  予防接種 >  はしか(麻疹)(定期接種)

はしか(麻疹)(定期接種)

 ◆●接種時期●◆

現在は生後12月~90月未満。
H18,4,1~接種時期が変更になります。
第1期 生後12ヶ月~24ヶ月。
第2期 5歳以上7歳未満(小学校就学前1年)。
麻疹、風疹混合ワクチンを2回接種となります。
はしかは高熱と咳が続き、伝染力の強い病気です。
また、治療法がないので1歳過ぎたらすぐに接種したほうが良いでしょう。
1歳前に保育園に入園したり、はしかが流行した場合、1歳前でも予防接種をしておくと、
かからずにすんだり、かかっても軽くすむ場合があります。
この場合、ママからの免疫の影響で十分な免疫が得られない場合があるので1歳半くらいで
もう一度予防接種をすると確実です。
ただ、1歳前に接種すると任意接種になり、自費になります。


 ◆●ワクチンの種類●◆

生ワクチンです。
鶏の卵の一部を使っているので、鶏の卵の強いアレルギーのある場合は医師と相談してください。


 ◆●副反応●◆

発熱、発疹が見られる事があります。
接種後5~14日に37.5℃以上の発熱は数%の子供に見られます。
発疹は2,3日で自然に消えます。
ごくまれに、脳炎、脳症(100万人~150万人に1人)が報告されています。
接種後、2週間ぐらいまでは発熱、発疹が出る可能性があるので激しい運動、旅行は止めておいてください。


 ◆●注意点●◆

病気の治療などでガンマグロブリンの注射を受けた場合は、その影響がなくなるまでの
3ヶ月間(大量投与の場合は6ヶ月間)はしかの予防注射は延期してください。


 ◆●我が子の場合●◆

息子は10ヶ月で保育園に入園したため、1歳前ではしかのワクチンを受けました。
やはり接種後1週間くらいで37.5℃くらいの熱は出ましたが発疹は出ませんでした。
熱も1日で下がり、本人も元気にしていました。
1歳前で接種したため、免疫がついていない可能性もあるので、1歳過ぎでもう1度接種を・・・と
考えていたのですが、かかりつけの医師に「1回だけで大丈夫でしょう」といわれたので、
結局そのままにしていました。
先日、下の娘が1歳を越えたので、はしかの予防接種にいったついでに、お兄ちゃんの事を相談すると、
「最近、大人のはしかが流行して問題になったので、もうすぐ1歳過ぎで接種して、もう一度
小学校入学前に接種するようになる。だから、お兄ちゃんも小学校入学前にもう一度接種を。」と言うことでした。
やはり、はしかは、大人がかかっても重症になるらしいです。
なので、やはり、もう一度予防接種をすることを考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の食品ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

予防接種

予防接種

関連エントリー