Top >  感染症 >  百日ぜき

百日ぜき

【原因】

百日ぜき菌が咳やくしゃみで飛び散りそれを吸い込むことにより感染します。
潜伏期間は1~2週間です。

発症後2~3週間は感染力があります。
この病気はママから免疫をほとんどもらえないので0才の小さな赤ちゃんでもかかる病気です。


【症状】

母親からの免疫が期待できないため、乳幼児早期から罹患し、1歳以下の乳児、ことに生後6ヶ月以下では死に至る危険性も高いです。

百日咳ワクチンを含むDPT三種混合ワクチン接種(ジフテリア・百日咳・破傷風)はわが国を含めて世界各国で実施されており、その普及とともに各国で百日咳の発生は激減しています。

通常7~10日程度の潜伏期間があります。
最初はくしゃみ、咳、微熱など風邪のような症状から始まります。

1~2週間過ぎると、激しく咳き込んだ後、吸気の時にヒューッと笛のような音が聞こえるようになります。 この咳の発作は特に夜中に多いため、子供は夜眠れなくなることもあります。

咳は2~3週間続き、だんだんと減少していきますが、2~3ヶ月続くこともあり、しばしば嘔吐を伴います。

息を詰めて咳をする為、顔面の静脈圧が上昇し、顔面浮腫、点状出血、眼球結膜出血、鼻出血などが見られることもあります。

非発作時は無症状であるが、何らかの刺激を与えると発作が誘発されます。
また、夜間の発作が多く見られます。

6ヶ月未満の赤ちゃんがかかると咳の最中に無呼吸、チアノーゼ、ひきつけ、呼吸停止と進展する事があります。 合併症として肺炎、中耳炎、脳症などがあります。


【治療】

ごく初期の段階なら抗生物質が有効です。
しかし咳が強くなってからはあまり効果は期待できません。

咳に対しては鎮咳去痰薬、場合により気管支拡張剤などが使われます。
咳は夜中に起こる事が多いので寝る時はバスタオルや枕を利用して上半身を高くして寝かせてあげてください。

咳込んだ拍子に吐くこともありますので、吐いたらすぐに顔を横に向かせて吐いたものが のどにつまらない様にしてあげて下さい。

室内が乾燥していると咳を誘発するので室内を加湿してあげて下さい。
全身的な水分補給が必要なこともあり、また、重症例ではガンマグロブリン大量投与も行われる。

月齢が低くてもかかるため、3ヶ月過ぎたらすぐに三種混合(DPT)の予防接種を受けておくことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット健康ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

感染症

感染症

関連エントリー