Top >  新生児(赤ちゃん)の病気 >  新生児仮死

新生児仮死

【原因】

新生児仮死の原因は

  • 生まれてくる時に産道でへその緒が長時間圧迫されてしまった
  • 早期破水でへその緒が先に出てしまった
  • お母さんに妊娠中毒症や、糖尿病などの持病があった
  • 赤ちゃんに染色体異常があった
など、様々な原因があります。


【症状】

様々な原因により出生時から続く低酸素血症、循環不全の状態をいいます。

仮死の程度は心拍数、呼吸、筋緊張、刺激に対する反射、皮膚色で採点するアプガールスコアで評価され、点数が低いほど重症の仮死です。

生まれてから、へその緒を切っても、自力で呼吸をはじめません。

重症の場合は、心臓の動きも低下しているので、脳や体に十分な酸素を送る事が出来ません。

そのため、手足の動きが悪かったり、刺激に対する反応も悪かったりします。


【治療】

生まれてすぐ呼吸をしなくても心臓がしっかり動いている時は、鼻や口を吸引したり、背中をたたいたりさすったりして、刺激を与えます。

これだけでもかなりの数の赤ちゃんが呼吸をはじめます。

それでも呼吸をはじめないときは、酸素マスクや、気管にチューブを入れて酸素を送って呼吸を補助します。
重症仮死の時は、すぐに蘇生処置を行います。

仮死には全身の低酸素、循環不全の結果、呼吸障害(胎便吸引症候群)、心筋障害、低酸素性虚血性脳症、腎不全、など様々な異常が同時に見られます。

ごく軽症の仮死では後遺症はありませんが、重症仮死では治療にもかかわらず死亡してしまうことや、重度の障害を残してしまう事があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人気スイーツランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

新生児(赤ちゃん)の病気

新生児(赤ちゃん)の病気

関連エントリー