Top >  アレルギーの病気 >  アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

【原因】

アトピー性皮膚炎はセラミドという皮脂膜の成分が少ない、アレルギー体質の子供に何らかの刺激が加わった時になります。

よだれや汚れ、食物などのアレルゲン、気候など何かの刺激があったときに症状が出てきます。
しかし、アレルゲンを特定するのは難しい事が多いです。


【症状】

アトピー性皮膚炎の症状は皮膚がかさかさとした感じになります(ドライスキン)。

目の周り、耳、ひじの内側やひざの裏などがごわごわしてきます。

皮膚がかゆいので、引っ掻いたりするために、引っ掻き傷が出来、血がにじんでいることもあります。

主に、季節の変わり目や、乾燥する冬場に悪化する事が多いです。


【治療】

アトピー性皮膚炎の治療は、とにかくスキンケアが第一です。

汚れなどは刺激になるため、シャワーやお風呂できれいに洗います。

しかし、体や顔を洗う時にごしごしとこすると刺激になるので石鹸を十分に泡立てて泡で包み込むように洗ってあげてください。

熱めのお湯も刺激になるので、できたらぬるめのお湯で洗ってあげてください。
お風呂やシャワーの後は保湿剤を塗ってあげてください。

皮膚の状態によって、ステロイド剤や、非ステロイド剤、抗生剤入りの軟膏等を処方されます。

皮膚の状態が良くなってきても敏感肌には変わりありませんので、予防のためにも気長にスキンケアをしてあげてください。

衣服は、やわらかい木綿の物が良いでしょう。

家の埃やダニもアレルゲンとなりますので、こまめに掃除をして布団は干したあとに掃除機のローラーなどでほこりやダニを吸ってあげると良いです。

また、皮膚に痒みをともなう事がありますが、掻くことにより症状が悪化するので、なるべく掻かないようにする事が大切です。

体が温かくなると痒みが増しますので、薄着にしたりしてあげてください。
また、痒みから気をそらせるような手遊びなどをして、引っ掻くのをやめられるようにすると良いでしょう。

しかし、痒みはなかなか我慢できないのが現状です。

医師と相談して、痒みを抑える軟膏や抗アレルギー剤を処方してもらうのも良いでしょう。

除去食は、血液検査をして実施するかどうかを決めます。
親の判断で勝手に辞めてしまわずに、医師と相談のうえ行ってください。

【お子様の肌トラブルでお悩みのお母さん必見! 】
こちらは、カミツレという植物エキスを100%使用した入浴剤で、保湿効果が期待され、冷え、乾燥肌・敏感肌・アトピーなどでお悩みの方やナイーブお肌の赤ちゃんにもおすすめです。
華密恋は国内で農薬を使わず、有機肥料で栽培したカミツレだけを使用し、非加熱でじっくりとエキスを抽出。そのエキスだけでできた無添加の入浴剤。
ご家族みなさまが安心してお使い頂けるお肌ケア入浴剤です。
華蜜恋

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ・ベビー・マタニティランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

アレルギーの病気

アレルギーの病気

関連エントリー