Top >  泌尿器・生殖器の病気 >  膀胱炎

膀胱炎

【原因】

膀胱に、細菌やウィルスが感染して起こります。

細菌によるものは大部分が大腸菌です。女の子は、尿道が短いことや、細菌のいる膣や肛門と尿道が近いため、起こりやすいです。


【症状】

おしっこがにごったり、近くなります。
おしっこをする時に痛みがあったり、出終わってもまだ残っている感じがします。

ウィルス性のものは、血尿がみられる事もあります。
熱が出ることもあります。痛みが訴えられない小さい赤ちゃんは不機嫌になります。

無症状の場合もあり、おねしょやおもらしで気づくこともあります。


【治療】

細菌性のものは、抗生物質を1週間ほど内服すれば治ります。
ウィルス性のものは3~4日安静にしていれば自然に治ります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ・ベビー・マタニティランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

泌尿器・生殖器の病気

泌尿器・生殖器の病気

関連エントリー