Top >  泌尿器・生殖器の病気 >  亀頭包皮炎

亀頭包皮炎

【原因】

亀頭と包皮の間に細菌が感染して炎症を起こします。
オムツをしている赤ちゃんや、汚れた手でおちんちんを触ったりする子供に起こりやすいです。

子供はみんな仮性包茎なので、汚れがたまって感染しやすくなります。


【症状】

おちんちんの先が赤く腫れて痛みます。おしっこをするときに痛かったり、先端が腫れているためにオシッコがうまく出なかったりします。膿が出ることもあります。


【治療】

炎症を起こしているときは、抗生物質の内服をしたり、消毒して軟膏を塗ったりします。
お風呂に入ったときに、包皮をやさしくむいてあげてシャワーで洗い流してあげてください。

お風呂はなるべくお父さんと入ると良いでしょう。
また、汚れた手でおちんちんをさわらないようにします。
真性包茎で、何度も繰り返す時は手術をしたほうが良い場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

キッズ・ベビー・マタニティランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

泌尿器・生殖器の病気

泌尿器・生殖器の病気

関連エントリー