Top >  泌尿器・生殖器の病気 >  外陰炎

外陰炎

【原因】

幼少期では膣の自浄作用が未発達な為、女の子の陰部の皮膚や粘膜に細菌が感染して起こります。

便や尿で汚れたり、床や地べたに座り込んだり、下着やオムツなどによる刺激が感染の原因なる事があります。

細菌はブドウ球菌や大腸菌が主です。
まれににぎょうちゅうが原因となることもあります。


【症状】

黄色いおりものが出て、陰部にかゆみや痛みがあります。
排尿時に痛みが伴うこともあります。尿に白血球が出ます。
外陰部に主張、発赤が見られます。

【治療】

原因菌の特定のために培養検査をする事があります。
ほとんどの場合、お風呂に入ってきれいに洗うだけでよくなります。

オムツの場合は、おむつ交換のたびに洗ってあげると良いでしょう。
かゆみが強く、赤ちゃんがつらそうならば、軟膏を塗ることもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の食品ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

泌尿器・生殖器の病気

泌尿器・生殖器の病気

関連エントリー