Top >  小児ガンと血液の病気 >  慢性血小板減少性紫斑病

慢性血小板減少性紫斑病

◆●原因●◆

血小板に対する自己抗体ができ、脾臓や肝臓で血小板が壊されるために起こります。


◆●症状●◆

血小板減少性紫斑病の中で半年以たっても血小板の数が増えない状態です。 小児ではごくまれに起きます。


◆●治療●◆

副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤などを投与しながら様子を見ます。 脾臓で血小板が破壊する事が分かったら5歳過ぎに手術で脾臓を摘出することもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の食品ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

小児ガンと血液の病気

小児ガンと血液の病気

関連エントリー