Top >  予防接種 >  予防接種(インフルエンザ)

予防接種(インフルエンザ)

◆●接種時期●◆

任意接種です。
自費になりますが、各医療機関によって値段が違います。
生後6ヶ月から受けられます。
毎年、インフルエンザが流行する前の10~12月に接種しておくのが理想的です。
インフルエンザは感染力が強く、普通の風邪よりも激しい症状が出ます。
また、インフルエンザ脳症など重症の合併症があるので、出来れば予防接種を受けておくといいでしょう。
インフルエンザの予防接種はその年の流行を予測して作られるため、予想の型と違う型が流行すると、
予防接種を受けていても感染する場合がありますが、その場合は軽症ですみます。


◆●ワクチンの種類●◆

不活化ワクチンを皮下接種します。
ワクチンには鶏卵の一部が使われているため、卵に強いアレルギーがある場合は注意が必要です

◆●接種方法●◆

乳幼児は初回接種後1~4週間あけて2回目の接種をします。
3~4週あけるのが理想的です。
大人は1回接種です。


◆●副反応●◆

注射部位が腫れる事があります。
重い副反応はほとんど見られません。


◆●我が子の場合●◆

息子は10ヶ月から保育園へ行っているので、毎年インフルエンザの予防接種を受けています。
そのためか、インフルエンザが大流行した年でもインフルエンザにかかったことはありません。
任意接種でお金はかかりますが、インフルエンザに感染して受診するようなことになっても
お金はかかるので、出来れば受けといたほうがいいかなぁと思います。
ちなみに、私が受けたところは1回2800円でした。
私が働いている病院では1回目が2500円、2回目が2000円と言う価格設定でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット健康ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

予防接種

予防接種

関連エントリー