Top >  骨や筋肉の病気 >  内反足

内反足

◆●原因●◆

生まれつきの足の変形です。 詳しい原因はわかっていません。 何らかの原因で、足首の靭帯や腱、或いは関節の周りが縮んでいるために起こります。


◆●症状●◆

つま先が内側に曲がっている状態、かかとが内側に曲がっている状態、つま先が立っている状態、という変形が重なっています。


◆●治療●◆

生まれた直後からギプスを着けて、靭帯や腱や関節の周囲を伸ばした状態で固定し、矯正します。

3~6ヶ月頃までこのまま様子を見ますが、約半数はこの治療だけでよくなります。 それでも効果がないときは6ヵ月後らから1才ごろに手術をし、縮んでいる関節の周囲を切って正常な形にします。 手術のあとは5~6歳ごろまでは日中は矯正靴を履き、夜は矯正具を付けて再び拘縮がおこらないようにします

このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の食品ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

骨や筋肉の病気

骨や筋肉の病気

関連エントリー