Top >  感染症 >  水ぼうそう(水痘)

水ぼうそう(水痘)

◆●原因●◆

水痘、帯状疱疹ウイルスが患者の咳、くしゃみで飛び散り、それをすいこんだり、
水泡が破れて出てきた液に触れると感染します。
潜伏期間は2~3週間です。
感染力が強く水泡が出来てから、それら全てかさぶたになるまで登園、
通学は停止となります。


◆●症状●◆

37~38度程度の熱と共に頭や耳の後ろなどに小さな赤い発心が出ます。
それが半日程度で前身、顔にも広がります。
この発疹が水を持った水泡となり、しだいに黄色い膿を持つようになります。
この水泡になるころが非常にかゆみを増します。
それから水泡はかさぶたになり治っていきます。
発疹が出てからかさぶたになるまでは約1週間程度かかります。


◆●治療●◆

ゾビラックスという飲み薬と石炭酸亜鉛華糊膏(カチリ)という塗り薬を使用します。
かゆみが強いので、かきむしらない様に子供の爪は短く切ります。
又、暑いとかゆみが増しますのでうちわで扇いであげたり、涼しくするのも効果的です。
水痘ワクチンの予防接種がありますが、免疫がつきにくく、水痘に感染してしまう場合もあります。
しかし、ワクチン接種をしていると水痘に感染しても症状がかなり軽くすむ事が多いです。


◆●我が子の場合●◆

3才7ヶ月の兄が水痘に感染した時は、保育園の仲良しのお友達が水痘にかか ったちょうど2週間後にかかりました。
初めは、お尻と足のところに2、3ヶ所赤い発疹があり虫刺されかな?と思っていた所
次の日の朝には顔、体幹、腕、足と全身に広がっていたので、すぐに水痘だなと分かりました。
1才過ぎに予防接種を受けていたので症状は軽くすみ発熱もなく、あまりかゆみもなかったようです。
その2週間後9ヶ月の妹にきっちりとうつりました。
初めはおでこや胸のあたりに発疹が出てやはり1日で全身に広がりました。
兄の10倍くらいの発疹の数です。
かなりかゆみが強かったらしく頭や体を必死でかいていました。
熱は38.0℃台前半でした。
うちわで扇いだりなるべく涼しい格好をさせて、かゆみはしのぎました。
すごく痒かったのは1日程度だったと思います。
2人共1週間ほどで治りましたが、予防接種を受けているのといないのとでは
大きな差があると思いました。
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題の食品ランキング

赤ちゃんもスッキリ!天然なので安心!!

子供を健康的で自然にすっきりさせたい。そんな悩みを持っているのはあなただけではありません。

『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)

感染症

感染症

関連エントリー